飛んでウラジオストク。今ニューヨーク。

忘れないうちに書いておきたいのですが、9月あたまに2泊3日の強行軍でウラジオストク観光に行って参りました。 とても綺麗で興味深く、面白い旅でした。アメリカやヨーロッパ、ほかのアジアとも全く違う、でも何処か共通している部分もある素敵な街でした。 いくつか心に残ったものをそれぞれ写真で振り返りたいと思います。 ロシア語のロの字も知らない、とは正にこの事。 せめてキリルアルファベットだけでも仕込もう、と搭乗15分前からはじめてのロシア語。数文字覚えた。意味は常に推す。 google翻訳先生のお力添えをいただき、見事SIMカードGET。 激安。しかしLINEその他アプリが突然使えない、という政治事情が否が応にも旅情をかきたてた。 私はロシアにいるのだ…。 着いた部屋からの眺め。旧ソ時代の面影も残しつつ、プーチン大統領の猛プッシュもあって開発の進むウラジオストクの一コマ。 ちなみにめちゃくちゃメインストリートそばの良いところでした。 奇しくも東方経済フォーラム開催直前、という事で我が国の首相に先立って会場を下見してまいりました。よかったです。 たぶんウイグル系の方の白タク(ウラジオストクでは普通で、しかも安い)に乗って最初の晩のハイライト、北朝鮮国営のレストラン”ピョンヤン”にIN IN出来ませんでした。Google先生によれば夏休みっぽかったです。 さしものわたしも放心しました。 気を取り直して、次の日の朝食はイケてる食堂へ。 見た目通りおいしかったです。 ストリートミュージシャン。EDMっぽい曲を愛犬と一緒に。 数ルーブルのチップを渡したことは言うまでもありません。 バキバキの車。経緯は推して知るべし。 シャッターチャンスは逃さない。 シベリア鉄道の終着駅へ来ました。2枚目のどうしようもないロシア/旧ソビエト感にしびれました。 もう写真だけでプロパガンダになっている様な。 少し歩くと、平和的な政治集会。かつて栄華を極めたソビエト共産党を受け継ぐロシア共産党の皆さんたちでした。 さらっと反プーチン集会でしたが、とても和やかな雰囲気。 マリンスキーシアターでオペラを鑑賞し、ろくろを回して 別の北朝鮮国営レストラン”コリョ”に念願のIN 歌うおねーさんが普通に給仕もやっている所が、どうしようもなくアジア的労働観でした。写真の通りとてもはしゃいだおじさんの様子。 お土産を買いにスーパーへ。アイスがおいしい。 キャビア、というかこちらに来るとすべて”イクラ(ロシア語で魚卵)”です。まぁまぁおいしかった。。 帰りの空港では地下にある食堂へ。なぜか全体的に冷たく、クサめの飯が最高潮に旧ソ・ロシア感を味合わせてくれました。もう一度食いたいと思えない。 ////////ありがとうございました/////////////// 長々と親戚の旅行スライドを眺めるような冗長さ、我ながらほのぼのしてしまいますね。ハハハ。 さて!唐突ですが、いまニューヨークのジョンFケネディ国際空港で書いています。。 ニューヨークには毎回、遊び倒しと研鑽を兼ねていましたが今回は有難いことに、演奏予定が中心に。 わざわざお呼びを頂けるのは本当にありがたーーいことです。 NY Hot Jazz Sceneを内側から味わってまいります! //////////////////////////////////////// 加えて!帰国直後のこちら、3管デキシーランド~ホットジャズセッションもぜひ、ご期待くださいませ! 席に限りがございますので、どうかお早めにお伝えください。       12/10(月)高円寺高円寺MoonStomp http://bighitcompany.com/moonstomp/ 19:30- \2500 3管デキシーランド・ジャズ企画 “Dixieland is Here !”vol.2 渡邊恭一(cl,ts) … Continue reading

"対話TAIWA"ZINEを作りました。

  ざっくり言ってインディーズの雑誌をZINEと言うのですが、 出版不況などと言ってすっかり寂しい雑誌業界の間隙を埋めていくように 様々なスタイル・デザインの自主制作小ロット雑誌が多数生まれておりまして。 伴って、都内はじめ日本の各都市にもZINE専門書店が同じく(少しずつではありますが)増えてきています。 私が強い印象を覚えたZINEは、某イベントに出演した際に出会ったものでした。欧州のとある地域にフォーカスしていたそのイベントの主催者自ら編まれたそのZINEは、主に家具や雑貨からそれを実際に使い生活されている方々の写真や文章を散りばめたもので、ただデザインが素敵という以上に実用とその1つ1つの雑貨・家具に込められた思いをスマートに伝えてくれるメッセンジャーと言える内容でした。 それを拝読する前と後では、同じイベントでも全く視点や感じ方が変わっていた事に深く感銘を受けたものです。   翻って、とある音楽、ジャズ、特に1900年台前半のモチーフ、それを現代人が2018年に咀嚼したもの…といった自分自身を除いて他の誰からも評論・評価されにくいもののテーマにも、スマートなメッセンジャーが必要ではないでしょうか。 そうです。自問自答であり、ここに”対話TAIWA”の創まりが認められます。 そんなわけでこの度、”対話TAIWA”からBOOK+CDのオリジナルZINEを発表しました。データ自体は昨年発表しましたアルバム”対話TAIWA”の特典pdfをほぼそのまま具現化した内容です。   昨年、高崎店の拡大移転オープニングイベントでお世話になりましたJAMCOVERさんの強力な後押しを賜りましての刊行です。   早速本日27日から高崎のZINEイベント、”zinphony”に出展・販売しております。zinphony後は、Jamcover Villageは勿論、rebel booksでもお取扱いただきます。   また、随時都内のZINE専門店はじめお取扱いいただけるお店が増えていきますので、是非お手にとってご覧下さい。   また、ライブ会場でも販売いたします。 2/2金 荻窪ベルベットサン http://www.velvetsun.jp ~CD「へたジャズ!」発売記念~ 「昭和戦前インチキバンド博覧会トーク&ライブ・東京篇」 ぜひ、お越しください!   ////////////////////////////////////////////////////////   さて、ZINE製作のお話は昨年から頂いていたのですが、中々動けず今年に入ってから一気にここ迄こぎつけられまして…今回も沢山の方に惜しみないご協力を頂きました。     某有名誌編集の早野さんには、昨年の電子ZINE発表から装丁に携わっていただきました。今回もギリギリの日程で…   実際にプリントアウトして、簡易版を組んでフォントのサイズですとか細かい部分を詰めます。深夜から朝方にかけて一気に。     大雪の降る中、必要なモノは地元のシモジマへ。近所にあって本当に助かりました。     手書きのPOPは、元・老舗レコード店の看板娘だったKさんにお願いしました。職人芸!   地味な準備は精神の力で乗り切ります。       高崎のJAMCOVER VILLAGEさんにて製本作業。 こういう設定でマシンを操ります。   絶対に起きません。     完成しても起きません…。 … Continue reading

たのしかった6がつ/2017

  季節は言うのが憚られる程に夏の様を呈していて、連日の湿気と10数年前から言われているのに最早なおざりになっているヒートアイランド現象の成れの果て、が体力を確実に奪い去っています。 そんな時わたしはふと小学生の夏休み課題の日記を思い、このエントリーのタイトルを選ぶに至ったのです。   さて、 はや2か月前の記録ですが、このまま過ぎていくには忍びない出来事が多かったので此方に記しておきます。   とは言え、   色々な事が     あったわけですが、     様々な非礼を承知の上で、 それでも敢えて「この出来事について」書きます。   私が世界最高峰のサキソホニスト、音楽家として尊敬やまない、あまつさえ去年のNY,The Stoneの1週間公演にも突撃したサキソホン・グレートScott Robinson御大と過ごせた4日間。   スコットさんは今回、マリア・シュナイダーオーケストラのメンバーとして来日。ブルーノート東京公演の合間にGet-togetherさせてもらいました。     一緒に都内某所でのランチやレッスン、本番前の貴重な時間をわざわざ割いて頂いて恐縮至極の言葉、文字通り、でした。   最終日には、天才Tom Piersonさん(スコットさんとは、ニューヨーク時代から、いつもツッコんだ音楽話をしていたそうです。)、寺井雄一、宮木謙介の若手名手も交えて、皆さんでラーメンランチ とてもラーメン屋でする会話とは思えないような深い音楽の洞察、批判がされていて興味深かった…。話題についていくので精一杯でした。   そしてこのトピック冒頭の此方の画像は、 Scott Robinsonさんが主宰されている レーベル・アートプロジェクト”ScienSonic Laboratories”の公式FBページから。 http://www.facebook.com/ScienSonic/ 全世界多数のスコットさんファンの間で有名になりつつあります笑   昨年のストーン公演も連日連夜、刺激の連続でした。 そして今回も勿論たくさんの刺激と、それに加えてゆっくり町を歩いたり送り迎えのタクシーだとか、レッスンの時ですとかいろいろな話と考えに触れられて、いわゆる「同じ空気を吸えて」、それこそが本当に深く刺激になりました。   サービスだったとしても「お前のためにテナーでソロをとってやったよ」と、言われたのはシビレました。オタクで良かった。   演奏、ますます頑張ります。

5月の”対話TAIWA”

“対話TAIWA”のライブが5/16火、27土、と続きます。 ただ同じ内容のものを用意して繰り返すわけではなく、それぞれ違った趣向で楽しんでいただけるイベント。 …にしたいなぁ、と準備しています。 16日は 「Hot Jazz Archives 1917-2017」 というタイトルで初出演の六本木Ark Hills Cafe。 主旨はずばり”対バン”(笑) 音楽の嗜みとしては、ポップスに対してややSUBなジャズというジャンルの、さらにSUBなジャンル–スイングやデキシーランド、ニューオリンズ、マヌーシュ…。   いずれも聴いてみれば、とてもストレートでパワーのある音楽なのですが、如何せんまだまだリスナーもプレイヤーも多くはないので…ここは1つ参集して賑々しく袖を振ろうじゃあないか、と思っています。 タイトルには私が去年まで遊びに行っていたNY界隈のHOT JAZZという言葉を借りました。 1917って言うのは、JASS(× JAZZ)レコードが発売されたのがちょうど100年前。 (“そのレコードに吹き込まれていたINDIANAは、”対話TAIWA”の愛奏曲です!) 100年経っても、それはそれは沢山の人間が洋の東西問わずに、同じレコードやそうしたサウンドに憧れるって、まさにロマンチックじゃあないか、と言うことで1917-2017ってひっぱりました。 1年ごとに更新するかはわかりません! さて5/16は”対バン”として、 4人編成にパワーアップしたTINY SONG SHOWが控えています。 2組の演奏を終えたら、最後は合流してこの日限りのHOT JAZZセッションもありますよ。 5/16(火)六本木 アークヒルズカフェ http://arkhillscafe.com ≪Hot Jazz Archives1917-2017≫ 19:00open 19:30start チップ制 出演 ”対話TAIWA” Tiny Song Show /////////////// 5/27、此方も初めて出演するさんさき坂カフェさんのイベントタイトルはそのものズバリ 「”対話TAIWA”と蓄音機」 私たち”対話TAIWA”の音楽と切っても切れない関係の「蓄音機」 “対話TAIWA”の演奏曲やイメージ、アイデアの多くは蓄音機時代の音源(SP、1950年代ころからのLPレコード以前のメディア)から得ています。 そんな蓄音機をライブの合間にBGMとして楽しみながら、まるで80年前の世界のように、2017年の谷根千でその音色と醸し出す雰囲気を楽しんでいただけるイベントになったら良いな、と考えています。 まだ蓄音機で音楽を聴いてみたことがない!という方には特にオススメです。 選盤、蓄音機DJには音楽評論家の毛利眞人さんを迎えまして、サラッと聴くにも、突っ込んで聴くにも耳よい蓄音機音楽をお楽しみください。 この日の”対話TAIWA”は2ステージ。演奏の前と、合間に毛利さん選曲の蓄音機BGMを予定しています。 出来たら蓄音機とのパフォーマンスも用意したいところですが、これは当日までのお楽しみ、と言うことです。 5/27(日) 千駄木さんさき坂カフェ http://sansakizaka.com … Continue reading

ミックステープ

何年か前から、飛び飛びですが友人のお店などでDJの真似事をさせていただく機会があって、 といっても勿論素人のマネゴトですし”いわゆる”DJ的な音源にそれほど明るいわけでも無かったのですが、 兎に角、エイヤ!と20年代の音源も交えながらやってみたら楽しかったデスし、楽しんでも頂けたので味をしめてしまった、という次第が有りました。  去年の暮れ、woolsのパーティで急きょDJ登板したのも有り、おもちゃ程度ですが機材を手に入れたのですが何となく月刊でミックステープを作っています。お家でゆっくりされる時にも勿論、お仕事しながら聞き流していただいても良し、何となく眠れない時につけていただいても良いかもしれません。 よかったら聴いてみて下さい。  いずれもmixcloudというウェブサイトを利用して居ます。まぁ、グレーな部分も無きにしもあらず、ですが先ずはお楽しみ頂いて、気に入ったトラックが有りましたらプレイリストから辿って是非、アルバムなどご購入下さい! 直近、3-4月合併号 2月号 1月号 初めてDJした時にひたすら考えて流れなどを練りました…時のものを、 ばっちり編集(笑)したものです。

今夜3/25(土)ですが

23時からNHK-FM”Jazz Tonight”にて ”対話TAIWA”の音源が紹介されます。 (実は3/11放送分にも1曲かけて頂いていたのです…) http://www4.nhk.or.jp/jazz/ 恐らく1曲か2曲かけていただける形になりますが、 もし良かったら素敵な番組(DJ児山さんの番組は私が小中学生の頃から聴いていました)ですので、 是非お聴き下さい。   また、次回”対話TAIWA”のライブは 5/16(火)六本木アークヒルズカフェ レコ発に引き続き、Tiny Song Showさんと一緒に! 5/27(土)千駄木さんさきざかカフェ ”対話TAIWA”のライブと、音楽評論家・毛利眞人さん選曲の蓄音機DJをお楽しみに! …の2本が決まっています。待て詳細!ぜひ、カレンダーにマークお願い致します。  

“対話TAIWA”のリリースパーティ、ありがとうございました!

19日木曜日、渋谷・公園通りクラシックスにて 「”対話TAIWA”のリリースパーティ」満場の盛況の中、終えることが出来ました。   Tiny Song Show ミホさん   アツシさん     //////////////////////////////////////////// 入江陽トリオ(と言いつつ5人編成)       入江陽さん   吉良憲一さん     藤巻鉄郎さん   小杉美也子さん   黒澤鷹輔さん   /////////////////////////////////////////// DJ大谷能生           //////////////////////////   そして ”対話TAIWA”     来ていただいた&お気に留めいただいた皆さんに改めまして、感謝です。 (写真は総て石川雄大撮影。その他の写真はhttps://www.facebook.com/media/set/?set=a.1519061288105853.1073741838.100000059888037&type=1&l=ce866d8705) ”対話TAIWA”、引き続き宜しくお願いいたします。 今回のリリース記念音源はこちらから試聴&ダウンロード購入頂けます。     さて、”対話TAIWA”次回のライブは3月ころに予定しています。 その前に某ラジオ番組にてかかるかも知れません。 情報は以下FBページをフォロー頂けるとリーチいただけます。 ぜひチェックしてみてください。 対話taiwa

“対話TAIWA”発売開始

先日11/19(土)より配信始まりました! さっそくご好評いただいております。 下記リンクからどうぞ、試聴&購入、よろしくお願いいたします。   “対話TAIWA” 11/19/2016 BONDS MUSIC ¥1,050- 演奏:”対話TAIWA”渡邊恭一(ts,cl)、加治雄太(gtr) <収録楽曲> 1.    INDIANA(J. Hanley)5:26 2.    Hee-Haw(K.Watanabe)3:39 3.    Embraceable You、空飛ぶテーブル(G.Gershwinほか)6:29 4.    あおい対話1:33 5.    Sweet Georgia Brown(B.Bernie&M.Pinkard))3:55 6.    “対話TAIWA”のテーマ(K.Watanabe)0:59 7.    Jazz & Me Blues(K.Watanabe)4:57 Web shop(購入特典ZINE付き)はこちら 若しくは アルバム¥1,050- Web Shop(特典ZINE付き)、iTMSいずれも同価格 編集 早野隼 表紙&ロゴデザイン 星野哲也 撮影 石川雄大 文 渡邊恭一 遠藤達郎(ビイドロ、fula) 高橋アフィ(TAMTAM) 大谷能生 (Jazz Dommunistersほか)   ≪…この演奏のカタチに定着するまでの100年に想像を馳せてしまうような、個人の大きさを越えたサウンドがこの二人のデュオには聴き取れるのだ。(大谷能生、特典ZINEより)≫    

“対話TAIWA”リリースします・11-12月/2016

6年ぶりのリーダー音源を発表します。 先日NHKBSプレミアムの番組に映っていましたgt加治くんとのDUO ”対話TAIWA”で 来る11/19(土・大安吉日) iTunes&web限定音源を発売します! 7曲入り、1,000円です。   iTunes等でもダウンロード購入できるのですが、BONDS MUSICのWEBショップからご購入頂くと、 (http://net-shop.bonds-music.com/) 特典として電子ZINE 「”対話TAIWA”」もゲットできます。 某Sコト編集の早野さん、ほか豪華執筆陣(大谷能生、アフロfrom TAMTAM、遠藤達郎fromビイドロfula)迎えて、ホットジャズ、ギターとサックス、テーブルと二脚の椅子、gt加治雄太とsax渡邊恭一…の音楽が、皆さんのステキな生活の糧になるような編集内容です! I will release a new album on coming 11/19(sat). This is the first one as a leader in this 6years. will feature my DUO project “対話TAIWA”which offers you guys some music of decent Hot Jazz, mellow ballad, and somewhat avant-garde stuff. … Continue reading

京都へ

来週末5/28、29と京都いきます!         加治雄太(gt)とのデュオ”対話TAIWA”にて。 土曜日はリノベーション→アート系ホテルの雄、京都のHOTEL ANTEROOM。 日曜日は午後から、同じく京都駅内のアイリッシュパブMAN IN THE MOONです。 ANTEROOMはホテル主催のAGMというイベントです。京都を中心に活躍されているYuki Katayamaさん、フードのNokishita 711とチームアップさせてもらってお届けします! どちらも楽しみ       ///////////////////////////////// 5/28(土) AGM LIVE vol.17:Yuki Katayama × ”対話TAIWA” x Nokishita711(ノキシタセブンイレブン) http://hotel-anteroom.com/gallery/1450 BAR OPEN : 18:00-25:00(L.O) LIVE : ”対話TAIWA” 19:30~ / Yuki Katayama 20:30~ FOOD | Nokishita711(ノキシタセブンイレブン) http://www.nokishita.net ※入場料無料(ドリンク有料) このイベントは昨年末のジャズトロニックのツアー大阪公演をブッキングの方がご覧になっていて、実現しました! 既に17回目、とのことですが今回はじめて管楽器を入れた編成での開催、だそうです。光栄至極です。 普段はinshek(京都クラブジャズバンド会の雄、jizueさんのスピンオフユニット)や、オリジナルの方が出演なさっているのですが、こうした素敵な場所にも私たち”対話TAIWA”のHot Jazzが流れたらきっと楽しいだろうな、と思います。 とても良いホテル(そしてリーズナブル!)なので、都内近郊の方も遊びにいらしてみては如何でしょうか!?笑     /////////////////////////////// … Continue reading