たのしかった6がつ/2017

  季節は言うのが憚られる程に夏の様を呈していて、連日の湿気と10数年前から言われているのに最早なおざりになっているヒートアイランド現象の成れの果て、が体力を確実に奪い去っています。 そんな時わたしはふと小学生の夏休み課題の日記を思い、このエントリーのタイトルを選ぶに至ったのです。   さて、 はや2か月前の記録ですが、このまま過ぎていくには忍びない出来事が多かったので此方に記しておきます。   とは言え、   色々な事が     あったわけですが、     様々な非礼を承知の上で、 それでも敢えて「この出来事について」書きます。   私が世界最高峰のサキソホニスト、音楽家として尊敬やまない、あまつさえ去年のNY,The Stoneの1週間公演にも突撃したサキソホン・グレートScott Robinson御大と過ごせた4日間。   スコットさんは今回、マリア・シュナイダーオーケストラのメンバーとして来日。ブルーノート東京公演の合間にGet-togetherさせてもらいました。     一緒に都内某所でのランチやレッスン、本番前の貴重な時間をわざわざ割いて頂いて恐縮至極の言葉、文字通り、でした。   最終日には、天才Tom Piersonさん(スコットさんとは、ニューヨーク時代から、いつもツッコんだ音楽話をしていたそうです。)、寺井雄一、宮木謙介の若手名手も交えて、皆さんでラーメンランチ とてもラーメン屋でする会話とは思えないような深い音楽の洞察、批判がされていて興味深かった…。話題についていくので精一杯でした。   そしてこのトピック冒頭の此方の画像は、 Scott Robinsonさんが主宰されている レーベル・アートプロジェクト”ScienSonic Laboratories”の公式FBページから。 http://www.facebook.com/ScienSonic/ 全世界多数のスコットさんファンの間で有名になりつつあります笑   昨年のストーン公演も連日連夜、刺激の連続でした。 そして今回も勿論たくさんの刺激と、それに加えてゆっくり町を歩いたり送り迎えのタクシーだとか、レッスンの時ですとかいろいろな話と考えに触れられて、いわゆる「同じ空気を吸えて」、それこそが本当に深く刺激になりました。   サービスだったとしても「お前のためにテナーでソロをとってやったよ」と、言われたのはシビレました。オタクで良かった。   演奏、ますます頑張ります。 Advertisements

5月の”対話TAIWA”

“対話TAIWA”のライブが5/16火、27土、と続きます。 ただ同じ内容のものを用意して繰り返すわけではなく、それぞれ違った趣向で楽しんでいただけるイベント。 …にしたいなぁ、と準備しています。 16日は 「Hot Jazz Archives 1917-2017」 というタイトルで初出演の六本木Ark Hills Cafe。 主旨はずばり”対バン”(笑) 音楽の嗜みとしては、ポップスに対してややSUBなジャズというジャンルの、さらにSUBなジャンル–スイングやデキシーランド、ニューオリンズ、マヌーシュ…。   いずれも聴いてみれば、とてもストレートでパワーのある音楽なのですが、如何せんまだまだリスナーもプレイヤーも多くはないので…ここは1つ参集して賑々しく袖を振ろうじゃあないか、と思っています。 タイトルには私が去年まで遊びに行っていたNY界隈のHOT JAZZという言葉を借りました。 1917って言うのは、JASS(× JAZZ)レコードが発売されたのがちょうど100年前。 (“そのレコードに吹き込まれていたINDIANAは、”対話TAIWA”の愛奏曲です!) 100年経っても、それはそれは沢山の人間が洋の東西問わずに、同じレコードやそうしたサウンドに憧れるって、まさにロマンチックじゃあないか、と言うことで1917-2017ってひっぱりました。 1年ごとに更新するかはわかりません! さて5/16は”対バン”として、 4人編成にパワーアップしたTINY SONG SHOWが控えています。 2組の演奏を終えたら、最後は合流してこの日限りのHOT JAZZセッションもありますよ。 5/16(火)六本木 アークヒルズカフェ http://arkhillscafe.com ≪Hot Jazz Archives1917-2017≫ 19:00open 19:30start チップ制 出演 ”対話TAIWA” Tiny Song Show /////////////// 5/27、此方も初めて出演するさんさき坂カフェさんのイベントタイトルはそのものズバリ 「”対話TAIWA”と蓄音機」 私たち”対話TAIWA”の音楽と切っても切れない関係の「蓄音機」 “対話TAIWA”の演奏曲やイメージ、アイデアの多くは蓄音機時代の音源(SP、1950年代ころからのLPレコード以前のメディア)から得ています。 そんな蓄音機をライブの合間にBGMとして楽しみながら、まるで80年前の世界のように、2017年の谷根千でその音色と醸し出す雰囲気を楽しんでいただけるイベントになったら良いな、と考えています。 まだ蓄音機で音楽を聴いてみたことがない!という方には特にオススメです。 選盤、蓄音機DJには音楽評論家の毛利眞人さんを迎えまして、サラッと聴くにも、突っ込んで聴くにも耳よい蓄音機音楽をお楽しみください。 この日の”対話TAIWA”は2ステージ。演奏の前と、合間に毛利さん選曲の蓄音機BGMを予定しています。 出来たら蓄音機とのパフォーマンスも用意したいところですが、これは当日までのお楽しみ、と言うことです。 5/27(日) 千駄木さんさき坂カフェ http://sansakizaka.com … Continue reading

ミックステープ

何年か前から、飛び飛びですが友人のお店などでDJの真似事をさせていただく機会があって、 といっても勿論素人のマネゴトですし”いわゆる”DJ的な音源にそれほど明るいわけでも無かったのですが、 兎に角、エイヤ!と20年代の音源も交えながらやってみたら楽しかったデスし、楽しんでも頂けたので味をしめてしまった、という次第が有りました。  去年の暮れ、woolsのパーティで急きょDJ登板したのも有り、おもちゃ程度ですが機材を手に入れたのですが何となく月刊でミックステープを作っています。お家でゆっくりされる時にも勿論、お仕事しながら聞き流していただいても良し、何となく眠れない時につけていただいても良いかもしれません。 よかったら聴いてみて下さい。  いずれもmixcloudというウェブサイトを利用して居ます。まぁ、グレーな部分も無きにしもあらず、ですが先ずはお楽しみ頂いて、気に入ったトラックが有りましたらプレイリストから辿って是非、アルバムなどご購入下さい! 直近、3-4月合併号 2月号 1月号 初めてDJした時にひたすら考えて流れなどを練りました…時のものを、 ばっちり編集(笑)したものです。

今夜3/25(土)ですが

23時からNHK-FM”Jazz Tonight”にて ”対話TAIWA”の音源が紹介されます。 (実は3/11放送分にも1曲かけて頂いていたのです…) http://www4.nhk.or.jp/jazz/ 恐らく1曲か2曲かけていただける形になりますが、 もし良かったら素敵な番組(DJ児山さんの番組は私が小中学生の頃から聴いていました)ですので、 是非お聴き下さい。   また、次回”対話TAIWA”のライブは 5/16(火)六本木アークヒルズカフェ レコ発に引き続き、Tiny Song Showさんと一緒に! 5/27(土)千駄木さんさきざかカフェ ”対話TAIWA”のライブと、音楽評論家・毛利眞人さん選曲の蓄音機DJをお楽しみに! …の2本が決まっています。待て詳細!ぜひ、カレンダーにマークお願い致します。  

“対話TAIWA”のリリースパーティ、ありがとうございました!

19日木曜日、渋谷・公園通りクラシックスにて 「”対話TAIWA”のリリースパーティ」満場の盛況の中、終えることが出来ました。   Tiny Song Show ミホさん   アツシさん     //////////////////////////////////////////// 入江陽トリオ(と言いつつ5人編成)       入江陽さん   吉良憲一さん     藤巻鉄郎さん   小杉美也子さん   黒澤鷹輔さん   /////////////////////////////////////////// DJ大谷能生           //////////////////////////   そして ”対話TAIWA”     来ていただいた&お気に留めいただいた皆さんに改めまして、感謝です。 (写真は総て石川雄大撮影。その他の写真はhttps://www.facebook.com/media/set/?set=a.1519061288105853.1073741838.100000059888037&type=1&l=ce866d8705) ”対話TAIWA”、引き続き宜しくお願いいたします。 今回のリリース記念音源はこちらから試聴&ダウンロード購入頂けます。     さて、”対話TAIWA”次回のライブは3月ころに予定しています。 その前に某ラジオ番組にてかかるかも知れません。 情報は以下FBページをフォロー頂けるとリーチいただけます。 ぜひチェックしてみてください。 対話taiwa

“対話TAIWA”発売開始

先日11/19(土)より配信始まりました! さっそくご好評いただいております。 下記リンクからどうぞ、試聴&購入、よろしくお願いいたします。   “対話TAIWA” 11/19/2016 BONDS MUSIC ¥1,050- 演奏:”対話TAIWA”渡邊恭一(ts,cl)、加治雄太(gtr) <収録楽曲> 1.    INDIANA(J. Hanley)5:26 2.    Hee-Haw(K.Watanabe)3:39 3.    Embraceable You、空飛ぶテーブル(G.Gershwinほか)6:29 4.    あおい対話1:33 5.    Sweet Georgia Brown(B.Bernie&M.Pinkard))3:55 6.    “対話TAIWA”のテーマ(K.Watanabe)0:59 7.    Jazz & Me Blues(K.Watanabe)4:57 Web shop(購入特典ZINE付き)はこちら 若しくは アルバム¥1,050- Web Shop(特典ZINE付き)、iTMSいずれも同価格 編集 早野隼 表紙&ロゴデザイン 星野哲也 撮影 石川雄大 文 渡邊恭一 遠藤達郎(ビイドロ、fula) 高橋アフィ(TAMTAM) 大谷能生 (Jazz Dommunistersほか)   ≪…この演奏のカタチに定着するまでの100年に想像を馳せてしまうような、個人の大きさを越えたサウンドがこの二人のデュオには聴き取れるのだ。(大谷能生、特典ZINEより)≫    

“対話TAIWA”リリースします・11-12月/2016

6年ぶりのリーダー音源を発表します。 先日NHKBSプレミアムの番組に映っていましたgt加治くんとのDUO ”対話TAIWA”で 来る11/19(土・大安吉日) iTunes&web限定音源を発売します! 7曲入り、1,000円です。   iTunes等でもダウンロード購入できるのですが、BONDS MUSICのWEBショップからご購入頂くと、 (http://net-shop.bonds-music.com/) 特典として電子ZINE 「”対話TAIWA”」もゲットできます。 某Sコト編集の早野さん、ほか豪華執筆陣(大谷能生、アフロfrom TAMTAM、遠藤達郎fromビイドロfula)迎えて、ホットジャズ、ギターとサックス、テーブルと二脚の椅子、gt加治雄太とsax渡邊恭一…の音楽が、皆さんのステキな生活の糧になるような編集内容です! I will release a new album on coming 11/19(sat). This is the first one as a leader in this 6years. will feature my DUO project “対話TAIWA”which offers you guys some music of decent Hot Jazz, mellow ballad, and somewhat avant-garde stuff. … Continue reading

京都へ

来週末5/28、29と京都いきます!         加治雄太(gt)とのデュオ”対話TAIWA”にて。 土曜日はリノベーション→アート系ホテルの雄、京都のHOTEL ANTEROOM。 日曜日は午後から、同じく京都駅内のアイリッシュパブMAN IN THE MOONです。 ANTEROOMはホテル主催のAGMというイベントです。京都を中心に活躍されているYuki Katayamaさん、フードのNokishita 711とチームアップさせてもらってお届けします! どちらも楽しみ       ///////////////////////////////// 5/28(土) AGM LIVE vol.17:Yuki Katayama × ”対話TAIWA” x Nokishita711(ノキシタセブンイレブン) http://hotel-anteroom.com/gallery/1450 BAR OPEN : 18:00-25:00(L.O) LIVE : ”対話TAIWA” 19:30~ / Yuki Katayama 20:30~ FOOD | Nokishita711(ノキシタセブンイレブン) http://www.nokishita.net ※入場料無料(ドリンク有料) このイベントは昨年末のジャズトロニックのツアー大阪公演をブッキングの方がご覧になっていて、実現しました! 既に17回目、とのことですが今回はじめて管楽器を入れた編成での開催、だそうです。光栄至極です。 普段はinshek(京都クラブジャズバンド会の雄、jizueさんのスピンオフユニット)や、オリジナルの方が出演なさっているのですが、こうした素敵な場所にも私たち”対話TAIWA”のHot Jazzが流れたらきっと楽しいだろうな、と思います。 とても良いホテル(そしてリーズナブル!)なので、都内近郊の方も遊びにいらしてみては如何でしょうか!?笑     /////////////////////////////// … Continue reading

SCIENSONIC RESIDENCY @ THE STONE /DAY 6-Last day

遂にSciensonic Residencyレポートも最終回です。 この1週間をライブで体感できたことはScott Robinsonフォロワーの私としては とても刺激的で幸せな出来事でした。引き続き、分析、実践、検証を続けていきたいと思います。 素敵な公演をどうもありがとうスコット・ロビンソン。Sciensonic!!!     ※私事で大変恐縮ですが、最終セットのアンコール前に 「はるばる日本から来たこの青年に敬意を表して」と、 出演者全員のサインを書いたフライヤー、サイエンソニック・ピンバッジ、サイエンソニック・試験管をSR本人から頂きました。 そしてこの上ない光栄ですが、「敢えて1stセットにも演奏したNOLAを捧げます」と、 私の大好きな曲の1つを演奏していただきました。生きていると良いことがあるんですネ… /////////////////////////////////////////// 【Day6/Last day】 ①Sciensonic Residency@The Stone6日目にして、この日が千秋楽であった。最後に相応しく、SRが「長年温めてきたアイデアを形にした」という”Orchestra of the Impossible”(不可能性のオーケストラ)のお披露目公演となった。 ②今回の公演では初めて1st、2ndともに同じ編成のユニットが出演。総勢16名から成るオーケストラはやはり異形の楽器が目立った。公演めがけてこの日もやはりStone前には長蛇の列が出来た。筆者は3番めに並んだが、その先頭にはなんと、VJOのtsリッチ・ペリーが並んでいた。 ③開演10分前に開場し、満場の観客でひしめき合うなか、楽器のウォーミングアップと場内の雑踏が混ざり合う。実はそれと気づかないうちに公演は始まっていたのだ。突然立ち上がったSRの合図で静寂が生まれ、会場の集中が一挙にオーケストラに集まった。 ④注視のなか”Impossiblize!! Kathy Ridl !”とスコット、そしてメンバーがやおら口々に叫びだすと、フォノフィドルを抱えたキャシー・リドルがソロをとる。そこにSRのバスサックスを皮切りに各人の即興が重なる。其処には確かにブレイクやロングトーンのキメはあるが、続 ⑤客席からはどういった仕組みで進行しているのかは窺い知れなかった。しかし、それは敢えて言えば「一糸乱れぬ即興演奏」といえるもだった。この中でSRが今までに録音などでしか使ってこなかった小物楽器(STOPと書かれた道路標識含む)が満遍なく登場し、相間に”Impossiblize!”続 ⑥の発声でソロがリレーされていく。展開されるモチーフは何れもSR節とも言うべきSF映画チックな者が随所に見られ、ユーモラスなアイデアに会場も沸いていた。混沌が高まりきった後、fl&pfデュオが澄み切った美しさを湛える。ここから急に、散発的な単音フレーズをorch.がまちまちに 続 ⑦演奏し始める。やがて単音の感覚もさらに開き、会場が息を呑む。この時、コンダクトをとっていたSRが客席に振り返り、散発フレーズのなか解説を始める。日本の劇作で見る「説明しよう~」と言う調子だ。曰く、「この曲は膨張する宇宙を表現したものだ。これよりこの曲は終わる事は無いだろう…」続 ⑧SR「この曲は次のセットも続き、演奏者の人生と同じだけ続くだろう。子孫の世代、きっと時の果て、人間の観測しうる限界まで。何処かで週に1音、年に1音だけこの曲の続きがメンバー、その子孫、はたまたこの宇宙の何処かで演奏されるかもしれない。」続 ⑨SR「そしてその音はある日ある時の、身の回りの一寸した物音であるかも知れない。…何故なら芸術はつまり意図(intention)なのだ。意図された時、その音は曲の一部となる。…楽曲「膨張する宇宙」にお立ち会いの皆さん、どうもありがとう。」続 ⑩とのスピーチがなされ、ステージでは次の曲である1915年の作品NOLAがこの編成のためのアレンジで演奏された。SRの重要な側面を代表するような、トラッド色溢れたメリーゴーランドの様な編曲であった。そして、この直後にエレキ・バスーン(!)によるヴァン・ヘイレン的なソロが展開され 続 ⑪次曲へ至る。此処からは、ジョン・ゾーンのCOBRA的なアイデアで楽曲が進む。もちろんSRがプロンプター役だ。ゲーム的な展開にクロスフェードしながらバスsaxの煙が目にしみるが重なり、また即興の中に霞んでいった。まるで夢の1シーンの様だ。唐突にホイッスルで始まるマーチングで 続 ⑫我に返った。このマーチングが始まると、ある意味誰もが予想だにしなかった出来事が起きる。このStoneのスペースのなさを顧みず全員で行進を始め、1人1人地下の楽屋へ続く階段を降りていった。この様子に会場が大盛り上がりする中、1stの終焉となった。 ⑬続く2ndもサウンドチェックの様な雑踏的な即興群の中からSRがおもむろに登場し、バスバラライカのトニー・シャーにソロを振りながら「やぁトニー、君の意見を聞きたいんだが、この皮肉と悲劇のダイアトニックがマイナーの…ブツブツ」と言いながら、米コメディアニメの様な演出が見られた。 ⑭コメディ的な展開に引き込まれた後、オーケストラは再びCOBRA的な手法をみせ、随所で”Impossiblize!”の掛け声とともに各人のソロが散りばめられる。やがて演奏は異形なMood Indigoに至った。スライドtp×スライドsax×テルミン→バスーン×サリュソホン、続 ⑮と言った具合に、世界でも間違いなく此処でしか聴けないメロディリレーが見られた。この後、最後のメンバー紹介からバップ調で王道ビッグバンドサウンド→ブルース・ハークの様なサウンドコラージュを見せるSR作のMoonwalkという曲が演奏された。この曲でセットの終わりに成るかと思えたが続 ⑯思いがけず、SRから筆者への表彰となり、この上なく光栄な事に、筆者へ捧げる、として1stセットからNOLAがリプライズされた。この回ではSRのバスサックスがエイドリアン・ロリーニばりの2beatを刻み、1920年代と2016年が曖昧に混ざっていった。続 ⑰最後のNOLAの演奏を終えて、満場のスタンディングオベーションのなか、Sciensonic Residency@The Stoneは総てのプログラムを演奏し終えた。最後には感極まって声が上ずり、天を仰ぐSRがとても印象的であった。 ⑱どんな時も、このレジデンス公演の時ですら額に汗もかかないSRがこの日は1stから額に汗し、シャロン夫人のflソロに演奏することを忘れ、またMC中にも度々声が上ずり最後には「夢が叶った!」と両手を高々と挙げていた姿は、この公演の意味を何よりも物語るものだと筆者は思った。終 ////////////////////////////////// 最後までお読み頂いた方、まことに駄文、恐れいります。 お付き合い頂きまして有難うございました! 何かしら得たものを形にしていきたい所です。 その際はもし宜しかったら、ぜひ応援いただければこの上なく嬉しく思います。 引き続きどうぞ、よろしくお願い致します!

SCIENSONIC RESIDENCY @ THE STONE /DAY 5

此方は只今5月2日の深夜です。 スコット・ロビンソンのThe Stone公演は昨夜をもって千秋楽でした。 とても、とても素晴らしかった。 余り得意ではない英語では勿論、日本語ででもうまく表現しきれない気分です。 私が勝手に記録しているこのレポートも、最後まで完走したいと思います。   ////////////////////////////////////////////////////////////// 【Day 5】 Twitterより転載 ①Sciensonic Residency@The Stone5日目は遂にSun Ra Arkestraの名as奏者Marshall Allenをゲストに迎え、1stはSpacette、2ndはサンラの名盤”Heliocentric Worlds”50周年記念セッションとなった。 ②この日は以前のセットからのリピーターも明らかに増え、1stから立ち見、2nd開始前にはThe Stoneの周りに長蛇の列が出来、最終的には入場制限が敷かれた。 ③1stからSR御大はスペーススーツ、MAはサンラ仕様のスパンコールジャケットを着こんで登場。バスマリンバ始め、maestroで電化されたコントラバスサックス、SteinerEVIなどが並ぶステージとあいまって、いよいよ異世界に連れて行かれるのだ、と思わされた。 ④演奏はMA御大に最大のリスペクトを尽くすようにして展開。MAのシンプルでアトランダムなフレーズはまるで子供の様な無邪気さを湛えながらも、バンド全員にクリエイティブなイマジネーションを与えていた。クラビオンとEVIの併用などそのまま70年代後半のSF映画劇伴としても聴けそうだ。 ⑤2ndもまたMAのフレーズから始められたが、それは”Heliocentric World”の録音で用いられたバスマリンバで奏でられた。このセットはそのアルバムと同じ編成で、当時の参加メンバーも交えた作品のRe-creationが狙いだ。今までのどのセットよりも混沌として、続 ⑥まとまらないまま多層にレイヤーされたフレーズ群が確かにSun Raを彷彿とさせた。途中、SR本人のよるコンダクトが交えられ展開される。昨日もそうだが、じっとSRが全体を見渡し自分の音楽的居場所を見つけあるべきフレーズを叩きこむ様はとても印象的だった。続 ⑦そして最終的にこのHeliosonic Tonewaysセッションはベースのオスティナートから大ユニゾンに発展し、誰もがイメージするSun Raのサウンドに間違いなく至っていたように思う。気づけば1時間以上の熱演となり、満員のStoneから惜しみない拍手が注がれて終演となった。