たのしかった6がつ/2017

 

季節は言うのが憚られる程に夏の様を呈していて、連日の湿気と10数年前から言われているのに最早なおざりになっているヒートアイランド現象の成れの果て、が体力を確実に奪い去っています。

そんな時わたしはふと小学生の夏休み課題の日記を思い、このエントリーのタイトルを選ぶに至ったのです。

 

さて、

はや2か月前の記録ですが、このまま過ぎていくには忍びない出来事が多かったので此方に記しておきます。

 

とは言え、

 

18891702_1715451358752127_940390122836898134_o

18953295_1699746880037292_8433647062292142166_o

18891688_1715451362085460_6737232025722918557_o

色々な事が

 

 

wasilester

18921969_1385027481572830_5149036043258344451_n19222807_1071215133010400_4491954540246821417_o

あったわけですが、

 

 

様々な非礼を承知の上で、
それでも敢えて「この出来事について」書きます。

 

DCF6SO4UAAEeTXo

私が世界最高峰のサキソホニスト、音楽家として尊敬やまない、あまつさえ去年のNY,The Stoneの1週間公演にも突撃したサキソホン・グレートScott Robinson御大と過ごせた4日間。

 

スコットさんは今回、マリア・シュナイダーオーケストラのメンバーとして来日。ブルーノート東京公演の合間にGet-togetherさせてもらいました。

 

339

 

342

一緒に都内某所でのランチやレッスン、本番前の貴重な時間をわざわざ割いて頂いて恐縮至極の言葉、文字通り、でした。

 

d

最終日には、天才Tom Piersonさん(スコットさんとは、ニューヨーク時代から、いつもツッコんだ音楽話をしていたそうです。)、寺井雄一、宮木謙介の若手名手も交えて、皆さんでラーメンランチ

とてもラーメン屋でする会話とは思えないような深い音楽の洞察、批判がされていて興味深かった…。話題についていくので精一杯でした。

 

そしてこのトピック冒頭の此方の画像は、

Scott Robinsonさんが主宰されている
レーベル・アートプロジェクト”ScienSonic Laboratories”の公式FBページから。
www.facebook.com/ScienSonic/

全世界多数のスコットさんファンの間で有名になりつつあります笑

DCF6SO4UAAEeTXo

 

昨年のストーン公演も連日連夜、刺激の連続でした。

そして今回も勿論たくさんの刺激と、それに加えてゆっくり町を歩いたり送り迎えのタクシーだとか、レッスンの時ですとかいろいろな話と考えに触れられて、いわゆる「同じ空気を吸えて」、それこそが本当に深く刺激になりました。

 

サービスだったとしても「お前のためにテナーでソロをとってやったよ」と、言われたのはシビレました。オタクで良かった。

 

演奏、ますます頑張ります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: