SCIENSONIC RESIDENCY @ THE STONE /DAY 6-Last day

遂にSciensonic Residencyレポートも最終回です。

この1週間をライブで体感できたことはScott Robinsonフォロワーの私としては
とても刺激的で幸せな出来事でした。引き続き、分析、実践、検証を続けていきたいと思います。

素敵な公演をどうもありがとうスコット・ロビンソン。Sciensonic!!!

 

 

※私事で大変恐縮ですが、最終セットのアンコール前に
「はるばる日本から来たこの青年に敬意を表して」と、
出演者全員のサインを書いたフライヤー、サイエンソニック・ピンバッジ、サイエンソニック・試験管をSR本人から頂きました。
そしてこの上ない光栄ですが、「敢えて1stセットにも演奏したNOLAを捧げます」と、
私の大好きな曲の1つを演奏していただきました。生きていると良いことがあるんですネ…

///////////////////////////////////////////

【Day6/Last day】

1462162979116

①Sciensonic Residency@The Stone6日目にして、この日が千秋楽であった。最後に相応しく、SRが「長年温めてきたアイデアを形にした」という”Orchestra of the Impossible”(不可能性のオーケストラ)のお披露目公演となった。

②今回の公演では初めて1st、2ndともに同じ編成のユニットが出演。総勢16名から成るオーケストラはやはり異形の楽器が目立った。公演めがけてこの日もやはりStone前には長蛇の列が出来た。筆者は3番めに並んだが、その先頭にはなんと、VJOのtsリッチ・ペリーが並んでいた。

③開演10分前に開場し、満場の観客でひしめき合うなか、楽器のウォーミングアップと場内の雑踏が混ざり合う。実はそれと気づかないうちに公演は始まっていたのだ。突然立ち上がったSRの合図で静寂が生まれ、会場の集中が一挙にオーケストラに集まった。

④注視のなか”Impossiblize!! Kathy Ridl !”とスコット、そしてメンバーがやおら口々に叫びだすと、フォノフィドルを抱えたキャシー・リドルがソロをとる。そこにSRのバスサックスを皮切りに各人の即興が重なる。其処には確かにブレイクやロングトーンのキメはあるが、続

⑤客席からはどういった仕組みで進行しているのかは窺い知れなかった。しかし、それは敢えて言えば「一糸乱れぬ即興演奏」といえるもだった。この中でSRが今までに録音などでしか使ってこなかった小物楽器(STOPと書かれた道路標識含む)が満遍なく登場し、相間に”Impossiblize!”続

⑥の発声でソロがリレーされていく。展開されるモチーフは何れもSR節とも言うべきSF映画チックな者が随所に見られ、ユーモラスなアイデアに会場も沸いていた。混沌が高まりきった後、fl&pfデュオが澄み切った美しさを湛える。ここから急に、散発的な単音フレーズをorch.がまちまちに 続

⑦演奏し始める。やがて単音の感覚もさらに開き、会場が息を呑む。この時、コンダクトをとっていたSRが客席に振り返り、散発フレーズのなか解説を始める。日本の劇作で見る「説明しよう~」と言う調子だ。曰く、「この曲は膨張する宇宙を表現したものだ。これよりこの曲は終わる事は無いだろう…」続

⑧SR「この曲は次のセットも続き、演奏者の人生と同じだけ続くだろう。子孫の世代、きっと時の果て、人間の観測しうる限界まで。何処かで週に1音、年に1音だけこの曲の続きがメンバー、その子孫、はたまたこの宇宙の何処かで演奏されるかもしれない。」続

⑨SR「そしてその音はある日ある時の、身の回りの一寸した物音であるかも知れない。…何故なら芸術はつまり意図(intention)なのだ。意図された時、その音は曲の一部となる。…楽曲「膨張する宇宙」にお立ち会いの皆さん、どうもありがとう。」続

⑩とのスピーチがなされ、ステージでは次の曲である1915年の作品NOLAがこの編成のためのアレンジで演奏された。SRの重要な側面を代表するような、トラッド色溢れたメリーゴーランドの様な編曲であった。そして、この直後にエレキ・バスーン(!)によるヴァン・ヘイレン的なソロが展開され 続

⑪次曲へ至る。此処からは、ジョン・ゾーンのCOBRA的なアイデアで楽曲が進む。もちろんSRがプロンプター役だ。ゲーム的な展開にクロスフェードしながらバスsaxの煙が目にしみるが重なり、また即興の中に霞んでいった。まるで夢の1シーンの様だ。唐突にホイッスルで始まるマーチングで 続

⑫我に返った。このマーチングが始まると、ある意味誰もが予想だにしなかった出来事が起きる。このStoneのスペースのなさを顧みず全員で行進を始め、1人1人地下の楽屋へ続く階段を降りていった。この様子に会場が大盛り上がりする中、1stの終焉となった。

⑬続く2ndもサウンドチェックの様な雑踏的な即興群の中からSRがおもむろに登場し、バスバラライカのトニー・シャーにソロを振りながら「やぁトニー、君の意見を聞きたいんだが、この皮肉と悲劇のダイアトニックがマイナーの…ブツブツ」と言いながら、米コメディアニメの様な演出が見られた。

⑭コメディ的な展開に引き込まれた後、オーケストラは再びCOBRA的な手法をみせ、随所で”Impossiblize!”の掛け声とともに各人のソロが散りばめられる。やがて演奏は異形なMood Indigoに至った。スライドtp×スライドsax×テルミン→バスーン×サリュソホン、続

⑮と言った具合に、世界でも間違いなく此処でしか聴けないメロディリレーが見られた。この後、最後のメンバー紹介からバップ調で王道ビッグバンドサウンド→ブルース・ハークの様なサウンドコラージュを見せるSR作のMoonwalkという曲が演奏された。この曲でセットの終わりに成るかと思えたが続

⑯思いがけず、SRから筆者への表彰となり、この上なく光栄な事に、筆者へ捧げる、として1stセットからNOLAがリプライズされた。この回ではSRのバスサックスがエイドリアン・ロリーニばりの2beatを刻み、1920年代と2016年が曖昧に混ざっていった。続

⑰最後のNOLAの演奏を終えて、満場のスタンディングオベーションのなか、Sciensonic Residency@The Stoneは総てのプログラムを演奏し終えた。最後には感極まって声が上ずり、天を仰ぐSRがとても印象的であった。

⑱どんな時も、このレジデンス公演の時ですら額に汗もかかないSRがこの日は1stから額に汗し、シャロン夫人のflソロに演奏することを忘れ、またMC中にも度々声が上ずり最後には「夢が叶った!」と両手を高々と挙げていた姿は、この公演の意味を何よりも物語るものだと筆者は思った。終

//////////////////////////////////

最後までお読み頂いた方、まことに駄文、恐れいります。
お付き合い頂きまして有難うございました!
何かしら得たものを形にしていきたい所です。
その際はもし宜しかったら、ぜひ応援いただければこの上なく嬉しく思います。
引き続きどうぞ、よろしくお願い致します!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: