SCIENSONIC RESIDENCY @ THE STONE /DAY 2

【Day2】

こちらに来てからというもの、肌寒い日はあれども概ね天気は良好でとても助かっている。

DSC_1543

The Stone 唯一の看板

 

それぞれのショーは、FBページ ScienSonic Laboratories にもSRご本人によるレポートが載っています。

/////////////////////////////////////////////

以下Twitterより転載

 

 

①Sciensonic Residency@The Stone2日目。1stはマリア・シュナイダーorch.でもお馴染の組み合わせpfフランク・キンボローとのデュオ。2ndはこの日が誕生日のSR御大のもとに80年代からの盟友が駆けつけBDセッション。tsルー・マリーニもゲスト参加。

②1stは最初の1音からマリア・シュナイダーorch.の薫りが漂う。2人でMS。フランクのpfを弦楽器的に扱う奏法、そしてスコットのタロガトーが荒涼とした風景を描写。SRが楽器を持ち替える度にpfも持ち替えた様に音色が変わる。最後はアルトクラによるバラードで〆。この曲もMSだった。

③2ndはBD Mayhemとしてバークリ時代からの盟友bジュリアン・セイヤー、dsクラウス・スォンザーリとのトリオ。御大はメインボイスtsからスタート。全くのフリージャズなのに醸しだされるバンド感をもって「こう言う複雑な事やるなら仲間を大切に」という御大の言葉で裏付けされる。続

④散発的なpercのフレーズ、詰め気味のベースのフレーズ、そしてSRのアプローチそれぞれが醸し出す雰囲気はSun Raの名盤”Magic City”を髣髴とさせた。3人でサンラ。その後、ゲストのルー・マリーニほか5人がシットイン。総勢8名の即興セッションとなった。続

⑤このセッションは大所帯ながらも、それぞれが音楽の察知、構成、展開する名人たちと言えた。そこでは1人1人のソロ&インタープレイ、そして各々が淡々と冷静に自分のパートを演奏し、それが大きく1つの音楽に組み上がっていった。集団即興演奏の1つ理想形を見たように思えた。終

//////////////////////////////////

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: