第五トラディショナルno.17 Charley Patton sings Traditional

ダニースミスこと鳥越弾のブログをご覧になったことはありませんか?

彼のしたためたシリーズ「目立たないけど素晴らしいブルースマン」が

とても素晴らしい。

こちらです。

 

先日最終回を迎えてしまったシリーズですが、

そこにインスパイアされる形で

今回はダニースミスが司会、私が解説(感想と合いの手)となって

お送り致します。

 

 

 

iTunes等でのpodcast登録はこちらのアドレスをご利用下さい。

podcast登録等の方法は、こちらのサイトまで。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////

デルタブルースの父、として有名なCharlie Patton。

彼を後のブルースというカテゴライズから観るのではなく、

もっと大きなトラディショナルの流れから聴いていただきたい。

patton_charley

 

Charlie Patton

(between April 1887 and 1891 – April 28, 1934), better known as Charley Patton, was an American Delta blues musician.

He is considered by many to be the "Father of the Delta Blues", and is credited with creating an enduring body of American music and personally inspiring just about every Delta blues man (Palmer, 1995).

Robert Palmer describes Patton as a "jack-of all-trades bluesman" who played "deep blues, white hillbilly songs, nineteenth-century ballads, and other varieties of black and white country dance music with equal facility".

Long before Jimi Hendrix impressed audiences with flashy guitar playing, Patton gained notoriety for his showmanship, often playing with the guitar down on his knees, behind his head, or behind his back.

Although Patton was a small man at about 5 foot 5, his gravelly voice was rumored to have been loud enough to carry 500 yards without amplification.

(Palmer,1995 wikipedia)

一部を訳します。

 

””Robert Palmerはパットンを”何でも屋のブルースマン”としている。

パットンはディープブルース、白人のヒルビリーソング、19世紀のバラッド、その他幾種類もの黒人や白人のローカルなダンス音楽をすべて器用に弾きこなしていたのだ。””

 

音源の中でもダニースミスが触れていた事柄ですが、

弾きこなす腕前があるとはいえ

そもそもこうした音楽の捉え方にこの世代の特徴が垣間見えます。

 

そして、声音やサウンドも相当ハードでパンキッシュな上に

パフォーマンスもジミヘンに先立つこと40年の背面弾きだった、そうです笑

 

”I Shall Not Be Moved”

(Traditional-gospel)

circa. early December, 1929, Grafton, Wisconsin

L-62-2 Paramount 12986, L-62-? Paramount unissued

 

Charley Patton (v,g)

 

 

”Oh Death”

(Traditional-Appalachian)

January 31, 1934 NYC, New York 

4749-3 Vocalion 02904

 

Bertha Lee (v)

Charley Patton (v,g)

 

“Some Happy Day”

(Charley Patton)

circa Oct 1929  Grafton, Wisconsin

L-51-1 Paramount 13031

 

 

 

さて、次回のゲストとは?

乞うご期待。

 

BGMには私とダニースミスで作った音源を使用しています。

ご興味のある方はご一報ください

次回は7/24(火)配信予定です!

バックナンバーはこちら

//////////////////////////////////////////////////

関西ツアー(8/17-19)のお知らせ!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: