第五トラディショナルno.7 So Called “Mondo Music”

日本ではかつてモンドミュージックと呼ばれたジャンルがあります。

 

モンド、という言葉自体は映画の事を指すものなのですが、一般的にはいわゆる"B級"という単語と意味としてはほぼ同義。

90年代の渋谷系音楽に影響を与えた、だとか、YMOのサウンドの祖、といった様々なお話があります。

 

実際にモンドミュージック、モンド系と呼ばれるCDやレコードを漁ると、主には50-70年代までのムードミュージック、ノベルティー(CMソング)、イージーリスニングetcというジャンルから成っています。

ジャンルという言葉を使いましたが、このモンドミュージックというものはクラシックやジャズ、普通のポップスからは少しはずれてしまったものの総称、の様です。

 

評論の基準に当てはまらないものを”B級”として一段下のモノにしてしまうセンスは非常に違和感がありますがさておき、今回はトラディショナルな観点からモンドミュージックのはしりとも言える音源を紹介します。

 

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

一曲目は

The Five Jones Boys”Mr. Ghost Goes To Town”

 

rc003

 

1936  (Stavro Arrgolus) 
Music By:     Irving Mills and Mitchell Parish

Lyrics By:     Hudson/Mills/Paris

 

 

紹介している中で30年代からのホラーブームについて触れています。

この時に作られた映画での鉄板パターンは後のMJのスリラーなんかでパロディーされてますね。

 

そして中で紹介しましたミッキーがひたすらコワイ思いさせられるだけ、という何とも何もない短編はこちら。たしかPD

 

この時代のホラー、というか怪奇趣味というのは、後の70年代前後、スプラッターやゾンビなどを中心とした流行と違い、独特のグロテスクさというか、えぐみがあってとても興味深いです。

 

でも音楽と関係ないので割愛。

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2,3曲目は

 

Carl Kress & Dick McDonough

“Heat Wave” “Stage Fright”

kressmcdonough2

 

Carl Kress(1907 – 1965), along with Eddie Lang, can be considered THE founding father of jazz guitar.

While Lang pioneered the use of single-string horn inspired lines, Carl’s method was that of chord soloing.

Carl got his start as banjoist for the Paul Whiteman Orchestra in 1926, which also featured Bix Beiderbecke and Frankie Trumbauer…

(The Red Hot Jazz Archives)

 

Dick McDonough (1904 – 1938) like Charlie Christian and Eddie Lang died at an early age, but left an indelible mark on jazz guitar.

Like many of his contemporaries he began playing the banjo at a young age and later switched to the guitar.

While a student at Georgetown University he ‘discovered’ the six-string guitar and began a serious study of the instrument.

 

…In 1934 McDonough teamed with Carl Kress to write and record the guitar duets Chicken A La Swing, Danzon and Stage Fright.

It was on these full-length guitar recordings that McDonough got to demonstrate his very accomplished single string and choral playing.

These three guitar duets more than any others established the duet form and have influenced guitarists ever since their publication.

(Classic Jazz Guitar)

 

 

“Heat Wave”

(Irving Berlin)

February 16, 1937 NYC NY

Brunswick7885

 

 

“Stage Fright”

(Dick Mcdonough)

January 31, 1934 NYC NY

Brunswick6917

 

こういう曲を作ってみたい。しかしその前にギターが弾けない。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

最後にモンド、と言う名前が出るとレス・バクスター、それからマーティン・デニーもはずせませんね。

怪しい映像との組み合わせが笑えますねw

 

 

 

 

 

終わりのリミックスは何も言うまい。

 

 

次回は4/24予定です!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: