第五トラディショナル(改題)no.2 Bessie Smith, Fats Waller

第二回。

 

あ、この音源、ダウンロードできます。

お聴きになってるsoundcloud画面、右端上から三つ目の「↓」ボタンを押してみてください。

 

いつでもどこでもトラディショナル。

 

 

 

 

 

 

さて、今回は Bessie Smithから

 

Bessie Smith(April 15, 1894 – September 26, 1937) was a rough, crude, violent woman.

She was also the greatest of the classic Blues singers of the 1920s. Bessie started out as a street musician in Chattanoog…

(The Red Hot Jazz Archiveより).

 

主に1920年代から1930年代にかけて活躍。

実力と名演から多大な成功を収め、 『ブルースの女帝』 とも呼ばれる。「建造物を揺るがす」ほどの圧倒的な声量と芳醇な情感を保つ歌唱力で聴衆を魅了し、偉大なブルース・シンガーとして現代でもその人気と名声は語り継がれている。(wikipediaより)

"Careless Love" 5/26/1925, NYC

  W140626-1    COLUMBIA 3172 D

Smith, Bessie (Vocal)

Armstrong, Louis (Cornet)

Green, Charlie (Trombone)

Longshaw, Fred (Piano)

 

 

Love, oh love, oh careless love,

You fly to my head like wine,

You’ve ruined the life of many a poor girl,

and you nearly wrecked this life of mine

 

 

 

 

続いてFats Waller

 

ファッツ・ウォーラー(1904年5月21日 – 1943年12月15日)は、アメリカ合衆国のジャズピアニスト・オルガン奏者・歌手・作曲家・作詞家。

本名はトマス・ライト・ウォーラー(Thomas Wright Waller)であるが、大食漢であり太っていたため、Fats(太っちょ)の愛称で親しまれた。

(wikipediaより)

 

 

 

 

 

Fats Waller And His Rhythm

" All That Meat And No Potatoes"

1/2/1941, NYC

062765 BLUEBIRD 11102

 

All that meat and no potatoes

Just ain’t right, like green tomatoes.

Here I’m waiting, palpitatin’,

For all that meat and no potatoes.

 

All that meat and no potatoes

All that food to the alligators,

yes. Hold me steady. I am ready

For all that meat and no potatoes.

 

I don’t think that peas are bad.

With meat most anything goes.

I look into the pot. I’m fit to fight

‘Cause, woman, you know that mess ain’t right

 

All that meat and no potatoes

Just ain’t right, like green tomatoes.

Woman, I’m steamin’. I’m really screamin’

All that meat and no potatoes.

 

最後の文句は "Where’s my fine HAM and BONES, Where is it??" でしたね。

 

含意多しデス。

 

 

すこし後記しますが、 途中で言いかけたお話。

 

わたし個人の意見ですが、

 

音楽に限らず芸事には、軽さにこそ神髄があるように思います。

 

無論、様々な楽しみ方がありますが、

一見軽く受け取れてしまうものが、実はもの凄くロマンチックであったり、辛辣であったり、時には誰よりも哲学的で真理に近かったり。

恥ずかしかくて言えなかったり、目を背けたくなるような事であったり、はたまた言葉にするには難解すぎてしまったり… そんな伝えにくいことを、誰にとってもやわらかなオブラートで包むことで伝える。

 

それが私にとっての芸術とは?と言う事の、ひとつの極致に思えます。

 

長くなりそうなのでまた機会があるときに。

 

 

 

次回は3/20予定です!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: